FC2ブログ

2両編成の電車・JR北海道編

少し前に国鉄時代と札幌市交通局の2両編成の電車の写真を出しましたが、
今回はJR北海道編で。

JR北海道になって出来た電車は721、731,733,735系の普通列車用と
785、789系の特急用ですが、その中で2両編成のユニットが存在したのは唯一785系のみです。

それも基本的には増結編成と位置付けられていたので単独で運用されることはほとんどなかったのですが
皆無ではありませんでした。

そんな中で私が撮ったものをお目にかけたいと思います。
ただし、撮影日などは撮影メモを紐解く必要があるので、ここでは上げないでおきます。


まずは
img124.jpg
ちょっと後ピンで、ぶれていて申し訳ありません。
月曜の朝のみ運行されていた頃のモーニングエクスプレスです。
最初の何回か785系付属編成での運行でしたが人気が高く程なく781系4両に車種変更されてしまい、
785系での運行期間は非常に短かったと記憶しています。

img121.jpg
これは分かりにくいのですが、間違いなく付属編成2両での運行です。
パンタの位置から少なくとも付属編成であるのは分かるかと思います。
この時は小樽まで団臨で運行されていました。
785系が小樽まで入ったのも珍しいのですが、団体列車で運行されたというのを私は他に知りません。

最後はちょっと変則技で
img123.jpg
785系の基本編成が何らかの理由で不足して、
その不足を補うために付属編成2本を連結して運行した物です。
この頃はまだ夕張川鉄橋も周りの木が短くてすっきりしていました。

今785系は「すずらん」用に2本のみ残っていますが
元付属編成が生き残っているのは走行距離が短かったからだと言われています。
出来るだけ長く頑張ってほしいと思います。
スポンサーサイト



懐かしの夕張線リターンズ2

後半です。

撮影場所は少し北上します。

まず、沼ノ沢駅から少し移動して最初の小さな橋。
img112.jpg
突然列車が来たので焦って撮ったため正面から撮れず、かつピンボケですね。

img119.jpg
南清水沢駅の南方。
バックは夕張南高校のようです。

img118.jpg
清水沢駅です。
南大夕張鉄道はこの頃は客車は2両編成が多くなっていたように思います。

img116.jpg
トンネル南の渓谷です。
この頃はこの場所に入ることが出来ました。
かつてはもっと川寄りに民家もあったようで、建物の残骸がありました。

img114.jpg
ほぼ同じ場所の反対側でトンネルバックです。
末期の頃はここに入ることが出来ず、近いカットが撮れないかと模索したことがありましたが
ダメでした。

とりあえずこれで今回のリターンズはおしまいです。

また近いうちにスキャンしないと・・・・。

懐かしの夕張線リターンズ1

久々にネガをスキャンしました。

とりあえず2回ですが、およそ7カ月ぶりに懐かしの夕張線復活です。

今回と次回は石勝線開通以後の写真です。

夕張線のSL最終列車が走ったのが高校2年の時。
その後1年して高校卒業後夕張を離れたので実はDL化後の写真はあまり撮っていないのです。

そんな中恐らく大学在学中石勝線開通の年の冬休みに帰省した時に撮ったものと思われます。

まずは
img083.jpg
新夕張駅です。
今は使われなくなった3・4番線に停まる普通列車。
この頃はまだ3両編成が普通にありました。

img085.jpg
夕張に向かう石炭列車。
石勝線開通に伴って廃止になった旧線がまだ残されています。
新線が元の複線の線路敷きの上に造られているのが分かりますね。
ただ、今ここで撮ると通報されます。
当時は全く問題になりませんでした。おおらかな時代でしたね。

img086.jpg
沼ノ沢駅で出発を待つ上り貨物。
北炭新鉱がまだまだ未来があると思われていた頃ですね。

img087.jpg
南清水沢方から。
今もある新鉱橋からです。

img088.jpg
真谷地炭鉱専用線のDD1001です。
新鉱の巨大設備とともにすべてが懐かしいですね。
もう2度と帰らない夕張が最後に輝いた時代です。

その2に続く。

札幌で2両編成の電車

ちょっと、古いネガをスキャンしました。

あまりスキャンの状況は良くないのですがその中から何枚か。

一応テーマを設けて。
2両編成の電車です。

今北海道で電車というと最短3両編成ですよね。
一番最近では785系の付属編成が2両編成で稀に2両だけで運転されていました。

それでも以前は何種類か2両編成の電車がありました。
その中で私が撮ったもの・・・・。

img092.jpg
まず2両編成で思い出すのは711系の900番台ですよね。
モハ9とかが入ったり、途中からは100番台のクハが連結されたりして
2両での運行はあまりなかったのですが、モハ9が挟まれていた頃は
901、902のどちらかに入っていて、あぶれた方は2両で運用されていました。

img098.jpg
これは902編成が本当に単独で運行されたものです。
札幌から小樽までこの2両で行ったようです。

国鉄から札幌市営に目を転じて
img108.jpg
電車事業所で並ぶ連接車です。
A835+836とA839+840

img109.jpg
教育大学前から車庫に戻るA837+838

最後が元2両編成と言えばいいのでしょうか?
img111.jpg
地下鉄南北線の元1000型を最後尾にした列車です。
まだ6両編成の頃ですね。

と今日はここまで。

石勝線でタラコ40を撮る

新得開拓120年記念の臨時列車が釧路車両所のタラコ色キハ40で
新得-追分間に運行されたのでそれを撮りに行って来ました。

タラコのキハ40は2両編成、追分方に直径90cmの大方HMが
新得方には貫通扉のHM入れに合わせたマークが取り付けられていました。

往路はまず定番の新夕張の夕張川橋梁で。
1K0A2270 -1
IMG_8497 -1
直前に雲がかかってしまい色がきれいに出ませんでした。

続いては追分で折り返しまでの間に
IMG_8502 -1
まずはアップで撮れなかった追分方のHM姿を
777いい番号ですね。
でも未更新車なのでこの先が不安です。

そしてある意味私的に今日の本命カット。
1K0A2287 -1
キハ150とタラコ40のコラボ。
通常は見ることのできないツーショットです。
留置されている位置の関係でキハ40の頭が陸橋の下にかかってしまったのですが
これは仕方ないですね。

最後は東追分-川端の社台ファームの踏切で
IMG_8518 -1
1K0A2304 -1
プロフィール

2号アパート

Author:2号アパート
鉄道好きオヤジです。鉄道主体ですがいろんなことも書いてゆきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード