2両目のC11がきた

TOMIXのは購入しませんでした。

まあ、今までもTOMIXの蒸気は買ったことなかったですし
特定番号機で、しかも私には全くなじみのないカマですから。

と言うことでついにやって来ましたKATOの新C11.
IMG_0647.jpg

まだナンバープレートはつけていません。
付属していたプレートが東北や九州のカマばかりだったからです。

これはどれかを暫定的に付けて、
パーツメーカーから出たらそれを買おうかなと・・・・。

またスノープローも着けたいですね~。
これは同じKATOのC12用のが付けられるのですが、
今は欠品中。

まあ予め買っとくなんて才覚は持ち合わせていません。

これは私にとっては2台目のC11.
1台目は少し前に出したKATOの旧製品です。

で、2台を比べてみました。

IMG_0652.jpg
IMG_0654_2017041820480624f.jpg
やっぱり昔のは大きいですね。
それと精密感が圧倒的に違います。

でも値段が約2倍弱あることを考えたら
昔のも悪くないと思えてきます。
(それにC11171風に改造してありますしね)

出来れば新しいのに対応する点検窓付きのデフが出たら付けたいですね~。

それ以上は今の視力では難しいので手をつけない予定です。
スポンサーサイト

小樽市博物館でボランティア

小樽市総合博物館の本館はかつての国鉄手宮線の手宮駅跡地にあります。

と言うことは

かつての小樽鉄道記念館ということになります。

そこには50両ほどの鉄道車両が保存されています。

中にはここにしかない貴重な車輌もありますが

いかんせん海が近い、
そして雨ざらしになっているため結構痛みが激しい。

しかも両数が多いゆえ補修が追いつきません。
小樽市の博物館ではありますが、ご多聞にもれず小樽市も財政が厳しくこちらにばかりお金をかけられないのが現実です。

そのため補修などの人手をボランティアに頼っています。

私は10年ほど前からソノボランティアに参加しています。

まあ家から小樽までは一部高速を使っても車で1時間半くらいかかるので中々行けないのですが

年に一度、越冬シート外しには参加させてもらっています。

と言うことで今日16日に行ってきました。

今年のシート外しは昨日と今日でしたが、
土曜は行けないので日曜だけにしました。
(昨日の様子は北海道新聞に出ていましたね)

今日はホームに横付けになっていない車輌8両をやります。
作業に参加したのは博物館の職員と私のようなボランティアも含めて16人でした。

IMG_5602.jpg
DE10、以前この車の錆び落としに参加したことがあります。

IMG_5608.jpg
DD14とDD15。この2両で本日の作業が終了しました。

おまけ
IMG_5615.jpg
アイアンホースが運行の準備をしていました。

今回は土日共に比較的参加者が多かったのですが
その年によっては今年の半数くらいのときもありました。

基本的にマンパワーは不足していると認識していますので
これからも出来るだけ参加したいと思っています。

これをご覧の方ももしよければ協力していただけると幸いです。

悪口の罰か・・・・?

さんざんかっこ悪いと言ってきた四季島、
とりあえず日曜に取れるのは今のところ当面最後と言うことで
ちょっとだけ遠出して白老まで行って来ました。


まずは登別ー虎杖浜の踏み切りで。
IMG_5555.jpg
ほぼ逆光ですがしょうがないですね。

ここでは江差の有名人Tさんと会いました。
話すのは久しぶりですね。

そこに居た私以外の3人のうち二人がTさんを知っていました。
彼社交的ですからね~。

彼がディスクカメラを使っていた30年ほど前が懐かしいです。


IMG_5569.jpg
竹浦でのバカ停を撮って、
樽前山バックを撮りたくて社台へ。

IMG_5578.jpg
何とか山は出てますね。




・・・・・


と思ったら・・・・





あれ?
IMG_5589.jpg
山が降雪で隠れてしまいました。



本番

IMG_5593.jpg
完全に山は雪の中。

車に戻っている最中に山が出てきました。
その間1~2分くらい。

さんざん「四季島かっこ悪い」と言ってきた罰ですかね?

戻る途中ここだったら山出てたろうなと言う私の好きな撮影地があって、
撮影地にもう少しこだわっていたほうが良かったかな?
とも思いました。

まあ自然には逆らえませんね。

久々の朝撮り

今朝は久々に出勤前の撮影。

家の近くの変電所の横でカメラを構えます。

まず来たのが「すずらん2号」
IMG_5532.jpg
「すずらん」は785系は基本ですが、見ていると結構789系も入っていますね。

後ろから来た733系は大谷ラッピングでした。
IMG_5534_20170405200437c57.jpg
新しいほうは初めて見ました。



で撮影に出かけた目的がこれ
IMG_5539.jpg
四季島です。


前回朝撮った時は光線を気にしすぎてサイドのロングからでしたが
同じでもつまらないので今回はサイドに日が当たらなくても良いので斜め前にしました。


まあそれにしても望遠でも広めの画角にしても
IMG_5543.jpg
この先頭形状は・・・・
う~~~~~~~んですねー。

583系の思い出

今週の土曜8日にJR東日本に最後まで残っていた583系がラストランを迎えますね。

583系に初めて乗ったのは小学校の頃大阪万博からの帰り上野からの「はくつる」でした。

中段の寝台だったのですがさすがに小学生の私でも狭いと感じましたね。

その時は宇都宮で踏切事故があって2時間遅れと言うのを朝おきてから聞いたのが印象的でした。

その次に乗ったのはそれから7年後名古屋から小郡(当時)までの「金星」のグリーン車でした。
(厳密に言うと581系ですね)
他の寝台特急が全て満席で唯一空いていたのが「金星」のグリーン車でした。

屋根の高い車内が印象的でしたね。

その次は水戸から青森までの「みちのく」ですね。
昼行の583系は(実際には暗くなってからが長いのですが)このときが初めてだったかもしれません。

一番多く乗ったのは東北新幹線が盛岡まで開通したあとの「はつかり」でした。

何度も盛岡から最終の「はつかり」に乗ったのですが
夜間の座席583系は寝台を収納している部分のために
座席部分まで天井の照明の光が直接届かず
新幹線より遥かに遅い速度と乗客が新幹線より少なく、
かつ薄暗いためもの寂しいと言う印象が強かったですね。

撮影では青森に住んでいた3年弱によく撮りました。

IMG_0010.jpg
(はつかり)

IMG_0033.jpg
(多分急行「津軽」)

特に思い出深いのはたった一シーズンだけ走った臨時「日本海」です。
ただ走るのが平日(確か青森では火曜日)だったので撮れたのは2回だけでした。

でも数回のみの運転でしたがきちんとヘッドサインが入って居たのが嬉しかったです。
(ごめんなさい写真はありません)

と言うことでいろいろ思い出深い583系もついに最後です。

寝台と言うことで全高が高く重厚なスタイルが好きでした。

一つの時代が過ぎ去ってゆきますね。
プロフィール

2号アパート

Author:2号アパート
鉄道好きオヤジです。鉄道主体ですがいろんなことも書いてゆきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード